Clean Body 計画_2--その水は、貴方のカラダをきれいにしてくれていますか?

健康と美容「冷え取り健康法」 GAIAweb_Distributor_AQUA_Health Labo アクアへようこそ今、注目の海洋深層水!ハワイ島コナの海洋深層水は、ミネラルバランスの優れた「清浄で安全」な海洋深層水です。ハワイ島コナの海洋深層水を全国送料無料でお届けします。マハロ(MAHALO)とは、ハワイ現地語でありがとうの意味です。 いつも、ありがとう。の気持ちでお届けいたします。重たい水は、宅配・通販で。便秘やむくみ、アンチエイジング・ストレス・不眠・ダイエット・デトックスに!地震対策の備蓄水にも! 海洋深層水が注目!本当に体に良い水とは?ハワイ島コナの海洋深層水は、ミネラルバランスの優れた「清浄で安全」な、おいしい海洋深層水です。海洋深層水を通して体の健康の話題を提供しています。
 

AQUA_Health&Beauty Labo by GAIAweb

K.Y. Distributor_AQUA_Health&Beauty Labo 認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)
ハワイ島コナ沖の深度1000メートルから取水した海洋深層水を通じて「冷え取り健康法」を中心に健康をトータルにサポートします。
トップページ 人間の体の約70%を占める水とは?     「- リンク -」 よくある質問 サポートセンター
 
利用案内 ログイン 海洋深層水 「健康コラム」 ビューティケア ボトルキャップリサイクルとは? ボトルキャップ回収法人一覧
海洋深層水とは? 人間の体の約70%を占める水とは? 人間の体の中をきれいにする水とは?
あなたは主にどのように水分を補給していますか?
水道水、ミネラルウォーター、清涼飲料水、お茶、コーヒー、ビールをはじめとするアルコール類、今話題を集める海洋深層水etc・・・いろいろありすぎて、いったいどれが水分補給に適しているのか迷ってしまいますね。
 
ここでは、いったいどんな飲み物が水分補給に最も適しているのか、考えていきましょう。
 
海洋深層水5大特性 
水道水
 水道水の汚染は今、深刻化しています。残留塩素、有害化学物質、異物混入、トリハロメタン・・・浄水器を使っても、中空糸膜から環境ホルモン が溶けだしているといわれており、安心して飲むことはできません。
ミネラルウォーター
 「安全でミネラル豊富」というイメージがありますが、1995年に行われた保健所の調査で、国産ミネラルウォーターの20本に1本以上の割合でカビやプラスチックがまざっていることがわかっており過信は禁物です。
お茶・コーヒー
 お茶は体によい成分を多く含んではいますが、含まれているカフェインは胃を荒らしてしまいます。主にお茶で水分補給をするというのはおすすめできません。あくまでも趣向品として認識すべきでしょう。
ビール・酒類
 ビールなどを飲んで水分補給したつもりになっている方はいませんか?アルコールに強い利尿作用があるため、飲んだ量以上の水分が排泄されてしまいます。
清涼飲料水
 清涼飲料水・・・自動販売機で手軽に買えるジュース類は、驚くほど多量の砂糖が使用されており、肥満など、健康を害する元に。できるだけ控えたい飲み物です。
海洋深層水
 水深200m以上の深さから汲み上げられた海水のこと。カルシウム、マグネシウム、カリウムなど、ミネラル類がたっぷりで人間の生体水に近い成分であるため、最も理想的な水であるといえます。
海洋深層水の5大特性
海洋深層水は化学物質によって汚染されておらず、しかも自然のミネラルがたっぷり。そんな海洋深層水には清浄性」、「富栄養性」熟成性」、低温安定性」、「ミネラル特性」5つの特性があります。生体水に近い海洋深層水は、ミネラルが体内に浸透しやすい、水分補給にピッタリな水なのです。
1、清浄性....
清浄性−を表すには
「物理的清浄性」「生物学的清浄性」「化学的清浄性」がありますが、 海洋深層水はいずれも優れています。
○物理的
にきれいだということは、浮遊物、懸濁物が少ないということです。これは、ろ過装置及び海水を淡水化する逆浸透膜を使った装置も、汚れにくいことが挙げられます。この物理的にきれいだということが、海洋深層水のボトルドウォーターが多数商品化されるに至った要因の一つです。
○生物学的
にきれいということは、水深200mより深くなると太陽光線のほとんどが海水に吸収され、植物性プランクトンは生息できず有機物が少なく、陸水由来の大腸菌や一般細菌に汚染されていません。また、海洋性細菌数も表層の海水に比べて非常に少ないことが、挙げれれます。
○化学的
にきれいということは、表層水と深層水は、混じり合うことがないため、陸水、大気などからの化学物質による汚染もなく、ダイオキシンやPCB、有機塩素化合物、有機スズなどいわゆる環境汚染物質さらされている心配が少ないという面において清浄で極めて安全です。
2、富栄養性 水深200mより深くなると太陽光線のほとんどが海水に吸収され、弱いブルーライトの世界になります。また、1000mを超すと暗黒の世界と言われています。したがって、水深200m以深の海水中では植物プランクトンによる光合成は行われず、分解力が優勢となり、無機栄養塩が次第に蓄積されます。海洋深層水は、海の生産力の基本である窒素やリン、ケイ酸などの「無機栄養塩」を豊富に含んでいます。表層水と比較して10〜30倍の濃度があるため、魚や海藻類の繁殖にも適しています。「無機栄養塩」類は生物活動の基本になる成分であり、同時に細胞の活性化や免疫作用などに有効とされています。表層海水にこれらの栄養素がほとんど見られないのは、植物プランクトンがこれらを使い尽してしまうからです。
3、熟成性
海洋深層水は、常に30気圧以下という水圧を受けながら、ゆっくりゆっくり熟成されていきますので、水に含まれる有機物がほぼ完全に分解しつくされて無機物になることがあります。まろやかでやさしい口当たりはここから生まれるものと考えられます。また、深層水は低温と高い圧力によって密度が高くなっており、微細な粒子状のミネラルが時間をかけて海水に溶け込んでイオンになっていくということも「熟成」さてれているといえる要因です。
4、低温安定性
北極や南極で冷やされた海水は比重が重くなり下に潜り込みます。この潜り込みは、地球規模で生じており、海水の比重に応じて一定の水深へ潜り込み層状をなします。逆に、水深200mより上部では太陽熱で暖められた海水の層があります。ごく表面の海水は冬には大気によって冷やされ冷たくなり、その場所での垂直的潜り込みが生じ上下混合が行われます。この上下混合の到達する最大水深が約200mとされています。水深200mより深くなると太陽光線のほとんどが海水に吸収され、太陽の光の影響を受けることなく、表層水と比べて水温はかなり低く(10℃前後)一年中ほとんど変化しないため、清浄さを保ち、とても安定しています。
5、 ミネラル特性
必須微量元素や様々なミネラル成分(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム等)が85種類以上非常にバランス良く含まれていることがわかっています。そしてそのミネラルバランスは人間の血液の成分バランスとそっくりです。
私たち人類の体を構成している約60兆個の細胞の起源は、太古の昔、海の中で生まれた、たった一つの細胞でした。 この細胞が、進化を繰り返して海中から陸へと這い上がってきたのです。そしてこのとき、太古の動物は、乾燥の激しい過酷な環境でも命をつないでいくために、 体内に小さな海を母親の胎内の羊水として、抱え持ってきたといわれています。 「海水が、動物の体内に取り込まれて、血液や体液へと変化してきた」 そう考えるのがごく自然な程、私たち人類の血液と海水の成分組成は酷似しています。 生命を生み出した海の環境は、今も私たちの血液や体液に引き継がれているのです。今日、環境汚染が騒がれる中、日々地球環境のバランスが崩れかけようとしています。 今こそ、太古の私たちの祖先がしてきたように、激しい過酷な環境でも命をつないでいくために、私たちの 「体内の海」のバランスを未来に引き継いでいかなくてはなりません。
血液から血球成分を抜いた残りの成分(血清)は、マグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどの比率がほとんど海水と同じなのです。生命を誕生させた海のミネラルバランスは、人間の体にとっても理想的といえます。海洋深層水は、このミネラルバランスをそのまま保っているため、水分は素早く体内の細胞へと届きます。
また、人間の生命活動に不可欠なミネラルと必須微量元素をバランス良く含んでいることも、海洋深層水の大きな特徴です。

 私たちは生命活動を続けている日常生活では、絶えず水分を排出しています。そのため、失った水分を補給しなければいけません。その補給する水分が、たとえ有害な物質を含んでいない極めて清潔・清浄な、そして多くのミネラルや栄養素を含んだ水分であっても、体内のミネラルバランスを崩してしまうような水分であれば、あまり意味がありません。頭痛や吐き気などの不快な症状を引き起こすだけではなく、危機的な状況を作り出してしまうこともあります(熱中症の予防などについては、ミネラルバランスは重要な要素です)。

 必須ミネラルの中には、「微量元素」と呼ばれるものがあり、一日計100mg以下の摂取が必要とされるミネラルです。海洋深層水には、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどの必須ミネラルはもちろん、微量元素などの様々なミネラルが85種類以上非常にバランス良く含まれていることがわかっています。微量でありながら、生命活動に必須のミネラルです。こんな、生命の根幹に関わるミネラルバランスを人工的に作り出すことは、現在の技術を持っても不可能なのです。その微量元素がバランス良く含まれているのも海洋深層水の大きなポイントです。

 水分補給に最適な水とは、ミネラルバランスが私たちの体液に近い水です。大海のミネラルバランスをそのまま保たれた海洋深層水は、体内のミネラルバランスを最適の状態にしてくれる最良の水です。

 ミネラルは単にたくさん摂れば良いわけではありません。健康維持を期待するのなら、大切なのはミネラルバランスだと言うこと。海洋深層水のように、ミネラルバランスの優れた水は、細胞にとって理想的な水分と言えます。
  軟水の「海洋深層水」がお勧めです。
 
いくら体に良いお水であっても、「おいしい水」でなければ飲み続けることはできません。
我々、日本人は特に硬水の水を飲むと、人によっては便がゆるくなったり、下痢をしたりします。これは赤ちゃん・幼児・老人の方に顕著に現れます。それもそのはず、日本 各地の水の多くは、軟水であり、多くの日本人は古来から軟水を飲み続けてきたのです。
日本人にとって軟水は、飲み慣れていることもあり、体によくなじみ、しかも味覚的にも一番おいしいと感じる相性が良い水なのです。味覚は人それぞれですが、日本人の味覚に合った軟水の 「海洋深層水」は、飲んだ瞬間に口の中で優しく広がり、スーッと染み込んでいくようです。
もちろん、
赤ちゃん・幼児・老人の方にも軟水の「海洋深層水」なら勧めです。
  硬水か軟水かを決めるのは“硬度”です。硬度とは水のなかに含まれるカルシウムとマグネシウムの合計量を数値化したもので、この数値が高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。
わかりやすく言えば、近年では便宜的に、硬度が100未満のものを軟水、それ以上を硬水と呼ぶようになっています。
また最近は輸入のミネラルウォーターが増え、さまざまな硬度の水が販売されるようになってきました。
そのため、同じ硬水でも硬度100〜300程度のものを中硬水と呼んで区別するようになりました。
硬度の計算
硬度を表わす方法は各国により異なっており、例えば、日本やアメリカではカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウム量に置き換えたものを硬度(水道水の水質基準では「カルシウム、マグネシウム等(硬度)」と表わす)としており、1リットル当たり1mgを1度としています。
※硬度は、カルシウム、マグネシウム自体の量を示しているのではありません。
これを計算式で表すと、一般に以下のような式を用いて計算します。
 硬度[mg/L]=(カルシウム量[mg/L]×2.5)+(マグネシウム量[mg/L]×4.1)
具体的には、例えば、市販のミネラルウォーターには、カルシウム、マグネシウムの100ml当たりの量が表示されていますので、
これを、カルシウムを25倍、マグネシウムを40倍したものを合算すれば、ほぼ日本でいう硬度に相当することになります。
硬度の区分

 WHO(世界保健機構)の飲料水水質ガイドラインでは硬水と軟水を次のように区分しています。

区   分

WHOの基準

一般的な基準

軟    水

0〜 60mg/l

0〜100mg/l

中程度の軟水
(中硬水とも言う)

60〜120mg/l

100〜300mg/l

硬    水

120〜180mg/l

300mg/l〜 

非常な硬水

180mg/l〜

【会社概要】 【特定商取引に関する法律に基づく表示】 【個人情報保護】
Copyright (C) 2000 高陽社Distributor_AQUA by GAIAweb Technologies Inc.
All Rights Reserved.